16:25 2021年04月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31
でフォローする

ペルー奥地のアマゾン地方に住むインディオ達が、政府に対し、原油漏れ事故の補償を求め、人質を取った。国営アンデス通信が伝えた。少なくとも8人が、人質になっている模様だ。

報道によれば、エネルギー企業「ペトロペルー(Petroperu)」の失策により原油が流れ出し、マイウリアガ村に大きな被害を与えた。その後、村の救済は、政府の非常事態被災地復旧プランに含まれたが、実際には村の住民に援助の手が届かず、特に食糧不足が深刻で、損害賠償も行われていない。

そうした不満が爆発し、地元のインディオ達は、原油流出現場に到着したヘリコプターの乗員や会社の職員を人質に取り、現在賠償金の支払いを強く要求している。原油流出により、地元の先住民達が魚を獲っていた二つの川も、生活を支えていた森もひどく汚染されてしまった。

関連:

パキスタンの裁判所で自爆テロ、8人が死亡
モスクワの花市場で爆発の危険から2000人以上が避難
タグ
ペルー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント