13:13 2021年01月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

エジプトの専門家たちは、地中海で墜落したエジプト航空機のラジオビーコンのシグナルを確認した。事故調査委員会のアイマン・アル=ムカッダム委員長が発表した。

委員長によると、ラジオビーコンは、通常航空機事故が発生した時に行われるように、人工衛星にシグナルを送っているという。

委員長は、「人工衛星にシグナルを送っている機器が存在する地域が明らかとなった。その位置の半径は5キロだ」と述べた。新聞「アル・アフラム」が伝えた。

調査委員会はまだ原因を特定できずにいる。独立した専門家たちは、機内で爆発が起こったとの見方に傾いている。

パリからカイロに向かっていたMS804便がレーダーから消失したのは5月19日早朝。12カ国の66人(ロシア人はいなかった)、つまり56人の乗客、3人のセキュリティ担当者、7人の乗組員が乗っていた。

なお消息を絶ってから一昼夜を経て、エジプト航空機の残骸は、アレクサンドリアの北方290キロの地中海上で発見された。

関連:

エジプト航空機A320 墜落まで3分間 コックピット過熱との情報
エジプト航空機A320 墜落前に機内に煙
タグ
事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント