01:41 2020年10月31日
災害・事故・事件
短縮 URL
2312
でフォローする

米国の警察は、ダラスで警官たちを銃撃したマイカ・ジョンソン容疑者を排除するために使用した技術的手段について詳細に発表した。同情報は、ダラス警察当局のホームページに掲載された。

警察当局の発表では、「導火線式雷管付きの爆薬C-4の爆弾を搭載したロボット『Remotec F-5』が使用された」と述べられている。

先に警察は、容疑者との交渉が決裂した後、容疑者を排除するためにロボットを使用することを決定した。

8日にかけての深夜、ダラスで警官の横暴に抗議するデモの最中に警官らが銃撃され、警官3人が現場で死亡、その後、警官2人が病院で死亡した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント