11:40 2021年09月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
301
でフォローする

ジカウイルス感染例が67か国で確認されたと、世界保健機関(WHO)が報告した。

また、うち64か国と地域では15年と16年続けて感染例が確認された。そのうちアンティグア・バーブーダ と英国の海外領土タークス・カイコス諸島では今週の7月21日から27日にかけて初めて感染が確認された。

今年2月から11か国で恐らく性的経路によって、人から人に感染したケースが報告されている。ロシアのマスコミが報じた。

WHOは、ジカウイルスは小頭症およびギラン・バレー症候群の原因となるというコンセンサスが、研究を基にして得られたと強調している。現時点で発症はアジア、アフリカ、南北アメリカ、太平洋地域で確認されている。

先に米クレイトン大学の生物学者らが突き止めたところによると、米クレイトン大学の生物学者らは、ある種の癌の進行を促進する遺伝子「ポケモン」が前立腺癌細胞において活性化することを突き止めた。

関連:

最も可能性の高い人類滅亡3つのシナリオ
ツタンカーメンの剣は宇宙からもたらされた金属でつくられていた
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント