04:06 2017年06月26日
東京+ 22°C
モスクワ+ 19°C
    イタリア中部

    8月に世界で起きた地震の数々

    © AP Photo/ Sandro Perozzi
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    1123034

    スプートニク日本が8月を振り返り、今月世界中で発生した大地震の特集を組みました。

    8月1日インドネシア中部のスンバワ島沿岸でマグニチュード5.8の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が報じた。

    地震が発生したのは、現地時間06時40分 (日本時間で08時40分)。震源地は、スンバワ島の海岸沿いの村から9キロ、震源の深さは約10キロ。

    8月1日、マグニチュード6.1の地震がインド洋で発生した。米国地質研究所が報じた。震源はモーリシャスの町ポート・マチュリン東方2025.1kmで、震源の深さは10kmだ。 負傷者や建物の倒壊の情報は入っていない。この地震による津波のおそれはない。

    8月4日ベーリング海のコマンドルスキー諸島近くでマグニチュード5.1の地震が発生した。ロシア非常事態省カムチャツカ総局が木曜報じた。 地震は水曜深夜発生。震源はベーリング島のニコリスコエ村西沖59キロという。震源から海岸線までの距離は43キロ。 非常事態省によれば、被害者や損壊は出ていない。

    8月4日、マグニチュード5.2の地震がパプアニューギニア沖の太平洋で発生した。米国地質研究所が報じた。 米国地質研究所によると、震源はパプアニューギニアのアンブンチから東へ65km、震源の深さは73.9kmだという。 なお犠牲者や建物の倒壊に関する情報は伝えられていない。

    8月5日、マグニチュード6.0の地震がアルゼンチン北部で発生した。死傷者や損害については未詳。米地質調査所の発表をメディアが伝えている。 震源はアブラ・パンパ北西48キロならびにボリビアとの国境から南へ約50キロ、深さ258キロの地点。

    8月5日、マグニチュード5.4の地震がロシアトゥヴァ共和国首都クズルの南456kmの地点、モンゴル西部で発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が報じた。 アルタイ・サヤン支部の情報によると、モスクワ時間9時13分に起きた地震の震源は北緯47.69度東経95.70度の地点だという。

    8月7日ウクライナでマグニチュード4.8の地震があった。米地質調査所が伝えた。現地時間で8月7日11時15分(日本時間で17時15分)に地震があった。 震源地はマリウポリから北東に2キロ、震源の深さは10キロだった。 住民たちはSNSで壁や家具が揺れたと伝えている。ドネツク、マケエフカ、ドクチャエフスク、ヤシノヴァタヤ、マリウポリなどで揺れが感じられた。

    8月10日米カリフォルニア州でマグニチュード5.0の地震が発生した。米国地質調査所が発表した。 震源はカリフォルニア州アペルレイクから北東へ19キロ、深さは約18.5キロ。 負傷者や物的被害は報じられていない。

    8月11日カムチャッカで昨日から今日にかけての一夜のうちにおよそ10回の地震が発生した。マグニチュードは2〜5.2。ロシア科学アカデミー地球物理学科カムチャツカ支部より。

    8月12日南太平洋のフランス領ニューカレドニア沖でマグニチュード7.6の地震が発生した。その後M5.4、5.2の余震が続いた。米地質調査所が発表した。

    8月12日カムチャツカ沿岸部のアヴァチンスキー湾でマグニチュード4.2の地震が発生した。

    8月12日、マグニチュード5.1の地震がインドネシア沖で発生した。米国地質調査所の報告。震源地はジャカルタから215キロ西、バンダールランプンから135キロ北西の海上、深さ68.3キロの地点。 死傷者や物的損害に関する情報はなく、津波警報も発令されていない。

    8月14日、マグニチュード5.5の地震がサハリン島で発生した。ヨーロッパ地中海地震学センターが報じた。地震は日曜日現地時間22時15分(モスクワ時間14時15分)にアレクサンドロフスク・サハリンスキー市から南方62kmで発生し、震源の深さは10kmだった。 死傷者や建物の倒壊の情報は入っていない。

    8月15日日本の東北地方でマグニチュード5.5の大型地震が発生。気象台の情報によれば、震源地は福島県。震源の深さは40キロ。

    8月15日フィリピンでマグニチュード5.4の地震が発生した。米国地質調査所が発表した。 地震は標準時11時32分(日本時間20時32分)発生。震源はサン レミジオ市から北東へ10㎞、深さ49.4㎞の地点。 負傷者や建物の損壊などは伝えられていない。

    8月18日オーストラリア東海岸沖でマグニチュード5.7の地震が発生した。米国地質調査所が発表。 地震は標準時04時30分(日本時間13時30分)発生。地震はボーウェン町から東へ45キロ、深さ7,8キロの地点。 なお、現時点では負傷者や建物の損壊などは伝えられていない。

    8月19日、マグニチュード5.0の地震がニュージーランドの一部であるケルマデック諸島周辺海域で起こった。米国地質調査所が報じた。 震源はラウル島の北東216キロ、深さ10キロの地点。物的被害や死傷者に関する情報は報告されていない。

    8月19日九州・熊本県でマグニチュード4.3の地震が発生。日本の気象庁が報じた。 震源地は、4カ月前の地震と同様に熊本県で、震源の深さは約10キロの地点。 負傷者や建物の損壊などは伝えられていない。

    8月19日南大西洋にあるサウスジョージア島でマグニチュード7.4の地震が発生した。米国地質調査所が報じた。

    8月20日日本の沿岸部でマグニチュード6.0の地震が発生した。米国地質調査所が伝えた。 震源は青森県の八戸港から東へ185.7㎞、深さ10㎞の地点。 人的及び物的被害については報告されていない。

    8月21日、米地質調査所によれば、サウスジョージア島沖合の大西洋でマグニチュード6,4の地震が発生した。 震源の深さは10キロ、津波発生の脅威に関する情報は、今のところ伝えられていない。

    8月22日ベーリング海のコマンドルスキー諸島近くでマグニチュード5.4の地震が発生した。ロシア科学アカデミー地球物理学科カムチャツカ支部が発表。 地震はベーリング島から51キロで発生し、震源の深さは35,7 キロだった。 死傷者や建物の倒壊の情報は入っていない。なお、この地震による津波の心配はない。

    8月24日イタリア中部で、強い地震が発生した。最も大きな被害を受けたのは、ラツィオ州リエーティ県だった。 最初の揺れはアクモリ地区でモスクワ時間04時36分に観測され、それに数回の揺れが続いた。欧州地震センター(EMSC)のデータによれば、地震の規模は、マグニチュード6.1だった。なお米国地質調査所は6.2と発表した。揺れは、イタリアの多くの都市の住民にも感じられた。地震後の地滑りの結果、アマトリーチェの町が破壊された。市当局は、6人の死亡を確認した。一方マスコミは、少なくとも14人が亡くなったと報じている。

    8月24日ミャンマーでマグニチュード6.8の強い地震があった。香港天文台が伝えた。

    8月25日インドネシア沖で、マグニチュード5,8の地震が発生。米国地質調査所が発表した。

    8月26日日本の太平洋沖でマグニチュード5.8の 地震が発生した。米国地質調査所が伝えた。

    8月29日大西洋南部のアセンション島の北方でマグニチュード7.4の地震が発生。米地質調査所が発表した。

    関連:

    2016年に世界で起きた大地震の数々
    タグ
    地震
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント