14:58 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    このたび、瑞穂の國記念小學院の認可の申請を取り下げました。

    森友学園 開校3か月余り前でも入学見込みの人数報告せず

    © 写真: screen shot from Tsukamoto yoshien Web-page
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    森友学園をめぐるスキャンダル (11)
    138

    先週、小学校の認可の申請を取り下げた学校法人「森友学園」は、開校の予定まで3か月余りとなっても、大阪府に入学する見込みの児童の数を報告していなかったことが、NHKが入手した府の私学審議会の議事録でわかった。

    スプートニク日本

    大阪の学校法人「森友学園」は、来月の開校を目指して、豊中市の元の国有地に小学校の建設を進めていましたが、国や大阪府に金額の異なる契約書を提出していたことなどが相次いで明らかになり、先週、認可の申請を取り下げた。

    NHKは小学校の認可について議論してきた大阪府の私学審議会が、去年12月に開いた会合の議事録入手。

    それによりますと、委員の1人は「大阪府が入学志願者について問い合わせても、人数は教えてもらえていない」と述べ、森友学園が開校の予定まで3か月余りとなっても、大阪府に入学する見込みの児童の数を報告していないことを指摘した。

    また、委員から「3月5日に入試説明会を実施するそうだが、その後、入試が行われるのか」と質問されたのに対し、大阪府の担当者は「4月1日ぎりぎりまで頑張るということだ。現実的ではないというのはわかっている」と答えている。

    さらに、こうした状況について、ある委員が「平成27年に条件付きで認可適当と答申した時と大きく違うようなことが起きれば、場合によっては、皆さんにお知らせしなくてはいけない」と発言し、開校の直前になっても募集した数の児童が集まっていないことに、委員の間で危機感が広がっていたことが伝わる。共同通信が報じた。

    トピック
    森友学園をめぐるスキャンダル (11)
    タグ
    教育, 事件, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント