11:47 2018年07月16日
豪州 少女が親の目前でサメに襲われ死亡

豪州 少女が親の目前でサメに襲われ死亡

© 写真: Jane drumsara
災害・事故・事件
短縮 URL
0 18

17歳の少女がサーフィン中に家族の目の前でサメに襲われて死亡する痛ましい事件が起きた。

スプートニク日本

事件が起きたのは17日、豪州ワイリー湾近く。少女がサメに襲われたとき、両親は近くにいて、すべてを目撃した。

女は父親とサーフィンをしていたが、サメに襲われたのは少女1人で、水中に引きずり込まれ、片足を食いちぎられた。

少女は病院に運ばれたが、死亡した。

同じワイリー湾では3年前にもホホジロザメの襲撃被害がでている。

先の報道によると、英国で男性がテレビのインタビューを受けている時、スタッフォードシャー・ブル・テリアという男性の犬に襲いかかられた

タグ
オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント