03:02 2020年09月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

最高齢のエベレスト登頂を目指していたネパール人の登山家ミン・バハドゥール・シェルチャンさんが6日、エベレストのベースキャンプで死亡した。85歳だった。ロイター通信が、ネパール山岳協会の会長の話を引用して報じた。

スプートニク日本

ロイター通信によると、死因は心臓発作の可能性があるという。なおネパール観光局は、シェルチャンさんの死亡を確認したが、キャンプとの通信状況が悪いことを理由に、詳細を伝えることはできなかった。

ネパールは、エベレスト登山に年齢制限をかけ、登山ができるのは16歳以上としたが、年齢上限はない。現在のエベレスト最高齢登頂記録保持者は、80歳で登頂を成し遂げた日本人の三浦雄一郎さん。

先に伝えられたところ、著名な登山家ウーリー・ステック氏(40)が、世界最高峰エベレストへの登山準備中に死亡した。

タグ
ネパール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント