09:15 2018年12月16日
ブリュッセルでUAEの王女と王妃に有罪判決

ブリュッセルでUAEの王女と王妃に有罪判決【写真】

© AFP 2018 / Belga/ Dirk Waem
災害・事故・事件
短縮 URL
2110

ブリュッセルの裁判所は23日、召使の人間としての尊厳を踏みにじったとして、15ヶ月の執行猶予付き懲役刑と、合計16万5000ユーロの罰金刑を、アラブ首長国連邦(UAE)王子の王妃と7人の王女に対して言い渡した。RTLが報じた。

スプートニク日本

被害者は、様々な国籍の女性召使23人。彼女たちは2007年から2008年にかけて、王女たちとともにブリュッセルを訪れ、コンラッドホテル滞在中に世話をしていた。

裁判所は、王女たちが召使を奴隷のように扱い、ベルギーの法律を違反したと述べた。警察によると、王女たちに不満に思われた召使は「犬」と呼ばれ、王女たちが止まる客室のドア近くの床で寝ていた。なお、王女たちは1つの階層をまるまる貸し切っていた。ラジオ局「Premiere」が報じた。

この前、6月19日に、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏が、逮捕と引渡しを恐れて在ロンドン・エクアドル大使館に政治亡命してから5年となると発表された

タグ
びっくり, 被害, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント