02:54 2018年12月13日
マレーシア

第二次世界大戦時の爆弾、マレーシアで見つかる【写真】

© 写真: Sam Gao
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03

第二次世界大戦期の、重さ227キロの爆弾がマレーシアで見つかった。現地メディアが報じた。

スプートニク日本

同メディアによると、爆弾はマレーシア東部サバ州サンダカンにある道路輸送局付近の建設現場で掘削作業を行っていたときに発見された。

同市警察のモフダ・アジャラ・ハミン署長によると、爆弾が発見された地区は封鎖され、現地には治安当局職員が到着。ハミン氏は、警察の爆発物発見・処理部隊到着は30日になると見られていると付け加えた。

これより前、ポーランドのベロストク、スプラスリの2都市で第二次世界大戦中の爆弾が発見され、市民の避難が行われた。

タグ
歴史, 第二次世界大戦, マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント