13:39 2018年07月20日
北朝鮮、弾道ミサイル発射実験

北朝鮮、弾道ミサイル発射実験

© AFP 2018 / Jung Yeon-Je
災害・事故・事件
短縮 URL
249

韓国の聯合ニュースは速報で、北朝鮮が29日、午前5時57分に平壌の順安付近から北東方向に飛翔体を発射したと伝え、その後、この飛翔体は弾道ミサイルであることが明らかになった。

スプートニク日本

日本政府の発表によると、弾道ミサイルは北海道の襟裳岬上空を通過した。

安倍首相は29日午前、官邸で記者団に「北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、わが国上空を通過したもようだ。直ちに情報の収集、分析を行う。国民の生命をしっかりと守っていくために万全を期す」と述べた。

共同通信の報道によると、日米韓の防衛当局は種類や飛距離などの分析を急いでいる。

ミサイル発射に関して国内線、国際線ともに航空機の運航への影響はない。

最近の情報によると、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは1発で、飛行距離は約2700キロ、最大高度は約550キロだった。

韓国の情報機関は28日北朝鮮が核実験に向けた準備を完了させたと発表していた。

タグ
ミサイル, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント