20:43 2017年09月22日
東京+ 21°C
モスクワ+ 13°C
    ロシア第1テレビの女性記者のアンナ・クルバトヴァ氏

    ウクライナで誘拐のロシア女性記者 事件の詳細が初めて明らかに

    © Screenshot: Channel One
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 108316

    ウクライナで一時行方不明になっていたロシア第1テレビの女性記者のアンナ・クルバトヴァ氏は急きょ本国ロシアへの帰国を余儀なくされた。ウクライナ安全保障庁のエレーナ・ギトリャンスカヤ報道官によれば、現在、クルバトヴァ記者の退去のための書類が準備されている。

    スプートニク日本

    30日、クルバトヴァ記者がキエフ市内で何者かに車に連れ込まれ、連れ去られたとする情報が伝わった。その後、ロシア第1テレビは、クルバトヴァ記者を拘束したのはウクライナ安全保障庁の職員であった疑いがあると報じた。クルバトヴァ記者には以前から脅迫状が送られていたことがわかっている。

    ウクライナ当局は同国におけるロシア人記者の活動を幾度も制限しており、ロシア人記者のウクライナ入国を定期的に禁じている。2015年3月にはロシア人記者115人に対して記者証が停止され、ロシアの主要なテレビ局の放映が禁じられた。ロシア外務省はロシアのテレビ局の放映禁止をマスコミの自由への侵害と非難し、欧州安全保障協力機構、EU、米国に対し、放映禁止およびロシアのマスコミ記者を国外追放処分は報道分野におけるダブルスタンダードであり、西側の実践ではありえないこととしてこれに厳しく反応するよう呼びかけた。

    関連記事

    キエフで殺害のロシア人ジャーナリスト、犯行は狙いを定めたもの

    キエフで反体制ジャーナリスト・オレシ・ブジナ氏が殺害された。プーチン大統領はこの犯罪を政治的なものと見ている

    デンマーク警察 行方不明ジャーナリストの身元確認

    タグ
    事件
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント