11:26 2017年11月21日
東京+ 8°C
モスクワ+ 1°C
    ウクライナのプリピャチにある観覧車

    チェルノブイリ無人地帯に旅行者が潜入 勝手に観覧車を回転 【動画・写真】

    © REUTERS/ Gleb Garanich
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    184921

    チェルノブイリ原発の対岸にあり、事故後無人の町と化したウクライナのプリピャチで、放置された遊園地の観覧車が敷地内に潜入したポーランド人旅行者らによって回された。潜入した一人がその模様を撮影した動画をYouTubeで公開した。

    スプートニク日本

    動画を公開した人物が明らかにしたところによれば、観覧車は損傷もなく、電気を用いずに回された後、元通りの状態に戻されている。

    「実験」を行ったポーランド人らは観覧車は落下すれば人に危害を与えかねないとして、ウクライナの国家無人地帯管轄局に苦情を申し入れる構え。

    チェルノブイリ原発周囲30キロ圏内は無人地帯と呼ばれ、1986年、原子炉での事故発生後、一切の立ち入りが禁じられている。事故で周辺の領域は高濃度の放射能に汚染された。そうした中にはプリピャチのような居住区も含まれている。

    • ウクライナのプリピャチにある観覧車
      ウクライナのプリピャチにある観覧車
      © Sputnik/ Alexey Vovk
    • ウクライナのプリピャチにある観覧車
      ウクライナのプリピャチにある観覧車
      © AFP 2017/ TASS
    • ウクライナのプリピャチにある観覧車
      ウクライナのプリピャチにある観覧車
      © Sputnik/ Evgeny Kotenko
    • ウクライナのプリピャチにある観覧車
      ウクライナのプリピャチにある観覧車
      © REUTERS/ Gleb Garanich
    1 / 4
    © Sputnik/ Alexey Vovk
    ウクライナのプリピャチにある観覧車
    タグ
    チェルノブイリ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント