08:22 2018年11月13日
災害・事故・事件

空自百里基地で戦闘機から出火

災害・事故・事件
短縮 URL
0 31

18日午前11時45分ごろ、茨城県にある航空自衛隊の百里基地で、誘導路を移動中の戦闘機から火が出た。乗っていたパイロット2人は脱出してけがはなかった。NHKなどが伝えた。

スプートニク日本

自衛隊によると、出火したのは百里基地に所属するF4戦闘機で、訓練のために離陸しようと滑走路へ向かう途中に左側の脚の部分が破損して出火したとみられるという。

百里基地は、民間の茨城空港と滑走路を共用しているが、戦闘機から火が出たのは民間機が利用するエリアではないため影響はなく、民間機の運航は平常通りだという。

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント