22:04 2018年01月21日
東京+ 8°C
モスクワ-2°C
    生存の可能性なし アルゼンチン潜水艦 救助活動の打ち切りが宣言

    生存の可能性なし アルゼンチン潜水艦 救助活動の打ち切りが宣言

    © AP Photo/ Marina Devo
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    114

    アルゼンチン海軍のエンリケ・バリビ公式報道官は30日、消息不明となっている同国の潜水艦「サンフアン」の乗組員44人の救助活動の打ち切りを宣言した。潜水艦の船体自体の捜索活動は今後も続けられる。

    スプートニク日本

    バリビ報道官はインターネットでの生中継で行われた記者会見のなかで、捜索には乗組員の救出の可能性の2倍の時間が費やされたものの、乗組員も潜水艦自体も一切痕跡が見つかっていないことを明らかにした。

    バリビ報道官は「乗組員を生きて発見する可能性のある日数を2倍以上も超えてしまった。あらゆる尽力にもかかわらず、船体は発見できなかった。生存者はいないだろう」と述べる一方で、船体自体の捜索はこの先も続けられるとし、捜索活動にはロシア製の機械を現場へと運ぶ他の船も加わることを明らかにしている。

    関連ニュース

    アルゼンチン潜水艦乗員に生存のチャンスはある 米海軍

    不明潜水艦からの最後の通信を公開

    タグ
    アルゼンチン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント