20:30 2018年01月19日
東京+ 10°C
モスクワ-9°C
    太平洋で「血のような液体が流れ出ている」極めて危険なパイプが見つかる【動画】

    太平洋で「血のような液体が流れ出ている」極めて危険なパイプが見つかる【動画】

    © © Screenshot: Tavish Campbell Coastal Photography
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 113

    太平洋で、血のような液体が流れ出ているパイプが見つかった。ダイバーでカメラマンのタヴィシュ・キャンベルさんが、ディスカバリー・パッセージ海峡で「血の」排水用パイプを見つけた。

    スプートニク日本

    パイプから流れ出ている液体から、それによって水域に生息するサケ・マス類の約20%が死亡する可能性のあるウイルスPiscine Reovirusが検出された。

    キャンベルさんは、複数のサンプル水を採取し、調査のためにそれらを研究室に届けた。分析の結果、危険なウイルスの他に腸のワームも見つかったという。

    このパイプは水産加工工場のものであることがわかった。同工場は、排水用パイプが存在する事実を否定しなかったが、水産加工に必要な証明書などの書類はすべて経営者が持っていると主張したという。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント