17:53 2019年12月11日
ホテル「インターコンチネンタル・ホテル」から煙

アフガン ホテル襲撃事件 18人死亡 14人は外国人

© REUTERS / Mohammad Ismail
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30
でフォローする

アフガン内務省はホテル襲撃事件で18人が死亡したと確認した。そのうち14人は外国人だった。テレビ局「1TV」が伝えた。

スプートニク日本

テレビ局によると、アフガンのカーム航空(Kam Air)の代表は事件で11人の外国人社員が死亡し、9人は行方不明。死亡者の中、ウクライナ人、ギリシャ人、キルギス人、ベネズエラ人がいるそうだ。日本人の被害は確認されていない。

テレビ局Tolo Newsによると、約18時間にわたった襲撃は鎮圧された。

イスラム原理主義勢力タリバンが犯行声明を出した。タリバンの5人が襲撃に参加したと見られている。テレビ局Tolo Newsによると、事件で43人が死亡したと言われるが、アフガン内務省は18人のみ確認した。

事件で143人、そのうち41人の外国人を救出することができた。

カブールのホテル「インターコンチネンタル・ホテル」は2011年6月にも9人の武装集団に襲撃され、12人が犠牲となった。襲撃犯は全員、特別作戦で殺害された。

タグ
テロ事件, 被害, 事件, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント