13:37 2018年08月16日
新燃岳 一昼夜で770回超の揺れ

新燃岳 一昼夜で770回超の揺れ

CC BY-SA 2.0 / Tsuda / Mt. Shinmoe and Takachihonomine
災害・事故・事件
短縮 URL
0 25

火山活動が活発化している九州南部の新燃岳で一昼夜の間に770回を超える地震が観測された。3日のNHKの報道によれば、日本の気象庁は頻発する揺れについて、新燃岳が新たな噴火を起こす前触れではないかとみている。

スプートニク日本

気象庁の発表によれば、揺れの大きさは現段階では最高でマグニチュード5。人的物的被害は出ていない。新燃岳の火口付近は火山岩の噴出の恐れがあるため、半径3キロ圏内が立ち入り禁止ゾーンとなっている。

新燃岳は標高1420メートル。最近の噴火は今年、3月から4月におきており、数千メートルの高さの噴煙柱が上がったため、空の便に影響が出て、数十の便が欠航を迫られた。

新燃岳は昨2017年10月も噴火している。日本の活火山の数は、現在、およそ50を数える。

タグ
地震, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント