16:25 2018年06月18日
チェルノブイリ事故の危険な結果が明らかに

チェルノブイリ事故の危険な結果が明らかに

© Sputnik / Igor Kostin
災害・事故・事件
短縮 URL
165

ウクライナの一部の地域における牛乳に含まれる放射能が、許容できる水準を5倍上回っていることを学者らの国際的グループが明らかにした。牛乳のサンプルが採取された私営農場は、チェルノブイリ原発からおよそ200キロの距離にある。科学ニュースサイト「EurekAlert!」に掲載された英エクセター大学のプレスリリースで発表されている。

スプートニク日本

研究者らは、ウクライナ北西部の集落14カ所で牛乳を分析。このうち6カ所で放射性セシウムの水準が成人にとってのウクライナの安全基準(1リットル当たり100ベクレル)を、8カ所で子供にとっての安全基準(1リットル当たり40ベクレル)を上回っていることが判明した。

事故により被災し、今回調査された地域の土壌における放射性元素による汚染レベルはあまり高くないものの、セシウムは食品の中で蓄積され続けている。

学者らの指摘によると、リスク低減のためには単純な方策をとることができる。例えば、セシウムが牛の血液中に取り込まれることを許さない物質を餌に含める、といった方法がある。

タグ
チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント