12:35 2018年08月22日
女性抗議団体Femenの創設者の1人がパリで自殺

女性抗議団体Femenの創設者の1人がパリで自殺

CC BY-SA 2.0 / xvire1969 / A Hero
災害・事故・事件
短縮 URL
0 41

女性抗議団体「FEMEN」の創設者3人のうちの1人、オクサーナ・シャチコ氏がパリで自殺した。「FEMEN」のインナ・シャフチェンコ氏が、通信社スプートニクに伝えた。

スプートニク日本

シャフチェンコ氏は、シャチコ氏が死亡したとの情報を確認できるかとの特派員の問いに「確認できる」と答えた。

先に複数のマスコミは、SNSの投稿を引用し、シャチコ氏がパリの自宅で7月23日に自殺したと報じた。自殺の原因は不明。

「FEMEN」はその活動目的について、女性の権利と言論の自由のための闘争及び売春と性的嫌がらせに対する戦いとしている。また同性結婚の擁護やペドフィリアに反対するイベントや政治集会も開催している。

「FEMEN」は2012年にフランスで登録された。メンバーらは、世界中で常軌を逸したトップレスの抗議行動を行っている。 Femenはフェミニズム団体と言われることがあるが、 Femenもフェミニストらもそれを否定している。

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント