17:06 2018年08月21日
タトゥーモデル「ゾンビボーイ」

タトゥーモデル「ゾンビボーイ」、カナダで自殺 死の直前にファンへメッセージ

© AP Photo / Felipe Dana
災害・事故・事件
短縮 URL
0 24

モントリオールで、「ゾンビボーイ」としても有名なタトゥーモデルのリック・ジェネストが死亡しているのが発見された。死亡の原因となったのは自殺である公算が大きい。当局の情報によると、ジェネストは精神的問題を抱えていたという。享年32歳。

スプートニク日本

ジェネストは、自らの普通でない外見で有名だった。身体の90%超がタトゥーに覆われていたのだ。「骨を描いたタトゥーを最も数多く自らの身体に入れた人物」(139カ所)、また「昆虫を描いたタトゥーを最も数多く自らの身体に入れた人物」(176カ所)として、ギネスブックにも2回掲載されている。

  • タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    © AFP 2018 / Francois Guillot
  • タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    © Alexander Kondrusev
  • タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    タトゥーモデル「ゾンビボーイ」
    © AP Photo / Felipe Dana
1 / 3
© AFP 2018 / Francois Guillot
タトゥーモデル「ゾンビボーイ」

ジェネストが広く知られるようになったのは2011年、当時人気の絶頂にあったレディー・ガガによる「ボーン・ディス・ウェイ」のビデオクリップに出演した時。その後、複数の劇映画でいくつかの役を演じ(そのうち最も有名な作品は、キアヌ・リーブスと共演した『47RONIN』)、音楽の作曲にも取りかかった。一方で、モデルとしての活動は継続していた。

ジェネストは死の直前、自らのSNSで、自身によって作詩されたとみられる、存在の意味と「古代の狭い死の門」についての詩を公表。この中では、ブードゥー教で万物の始まりと終わりであると考えられている本質的存在「ダムバラー」が言及されている。ファンの多くは、このようにしてジェネストが世界に対し別れを告げたと考えている。

タグ
自殺, 死去, 映画, 音楽, 事件, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント