19:33 2018年10月18日
ナショナル・ジオグラフィックTVが再現 消えたマレーシア航空370便の破滅的らせん飛行

ナショナル・ジオグラフィックTVが再現 消えたマレーシア航空370便の破滅的らせん飛行【動画】

© AP Photo / Ng Han Guan
災害・事故・事件
短縮 URL
113

ナショナル・ジオグラフィックチャンネルは、番組企画「大洋を干す」の一環でマレーシア航空370便ボーイング777機の謎の失踪の瞬間について、ドキュメンタリー番組を制作した。同機は、クアラルンプールを離陸後、北京に向かう途中で消息を絶った。

スプートニク日本

番組の製作スタッフは、ボーイング777機は進路を逸脱した後、燃料が底をついたと仮定し、シュミレーションを行った。

諸説によれば、はじめボーイング777機の右側エンジンが止まり、自動操縦によりローリングを回避するために機体を左側に傾け、水平を保とうとした。その2分後、今度は左側エンジンがストップ、ボーイング777機は破滅的らせん飛行を続けた後、海に墜落した。

マレーシア航空MH370便ボーイング777機は、クアラルンプールを飛び立ち北京を目指していた。乗客227人と12人の乗務員が搭乗しており、その中にはロシア人の観光客も含まれていた。同機は、2014年3月8日の深夜にレーダーから消え、インド洋南部で墜落したと推測される。

​関連ニュース

マレーシア航空MH370便の乗客の親族、最終報告書には新情報がないと発表

タグ
事件, マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント