06:31 2019年01月17日
ナタリー・ボリンジャーさん

少女殺害で禁固48年 「彼女はインターネットで殺し屋を探した」被告は主張

© 写真 : Facebook/ Natalie Bollinger
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

米コロラド州の裁判所は、2017年12月に起きたナタリー・ボリンジャーさん(当時19)の殺害事件でジョゼフ・ロペス被告(23)に禁固48年の判決を下した。ボリンジャーさんは当時、行方不明となった後、森林で死体で発見された。ロペス被告は、ボリンジャーさんが米情報サイト「クレイグズリスト」にボリンジャーさん自身の殺害を依頼するメッセージを掲載し、自分を雇ったと主張していた。

スプートニク日本

ロペス被告は、ボリンジャーさんの「私は私自身を殺してほしい」というメッセージを見つけ、架空の名前で応じたという。警察は、彼女の携帯電話にロペス被告とのやりとりを発見し、彼女が行方不明になったその日だけで100件以上のメッセージが残されていた。

​ロペス容疑者によれば、2017年12月28日にボリンジャーさんを迎えに行き、森林に向かう途中で、自分はあたかも彼女を思い止まらせようと努力したものの、結局、説得しきれず、彼女が持ってきたピストルで射殺したと主張していた。死体鑑定では、ボリンジャーさんは致死量のヘロインを摂取していたことも判明している。

ロペス被告は2018年2月に逮捕された。裁判では、ボリンジャーさんを助けるために他に助けをあおぐことなく、彼女の射殺を決意したロペス被告の行為は「人間ではなく、まるで野獣のよう」として、被告に有罪判決を下した。一方で判決は終身刑ではなく、禁錮48年であったことから、被害者の父親は、判決は「家族の顔に唾するもの」「悪魔の取引」と呼び、これを非難した。

関連ニュース

中国、中学生9人を殺害した死刑囚に死刑執行

米兵殺害 逮捕の交際相手「別れたくなかった」

タグ
インターネット, 警察
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント