08:25 2019年12月15日
飛行機

ブルームバーグ 空の旅の危険は増大

© 写真 : Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
筆者 :
0 02
でフォローする

2018年の航空機事故による犠牲者数は、2014年以来、最悪のものとなった。国際航空運送協会(IATA)の発表をブルームバーグが引用して報じた。

スプートニク日本

昨年の死亡者数は、過去4年間で最大。計43億人が航空輸送サービスを利用し、そのうち523人が事故の犠牲となった。

昨年はボーイング社の航空機により2つの大事故が起き、これにより346人もが犠牲となったが、ブルームバーグは犠牲者が増えた原因はボーイング社にだけあるのではないと指摘している。

たとえば、乗客の安全性を向上させようとすると、航空コストはどうしても上がってしまう。そうした一方で、空の旅の需要が急速に伸びているのに対し、利用者側は航空代にこれ以上支払う気構えはない。

ブルームバーグによれば、空の旅の需要は20年間で2倍になっている。このことは、2037年に向けて、航空業界の変わりゆく動向に対応するため、世界ではより多くの新しいメンテナンススタッフと新しいパイロットが必要になることを意味する。 

IATAのデータによると、2013年から2017年に発生したフライト中の339件の事故では、その約3分の1がパイロットのミスによるものだった。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント