16:50 2019年12月09日
ウビナス火山

ペルーのウビナス火山  活発化と噴火を観測

CC BY-SA 4.0 / Diego Delso / Ubinas volcano, Arequipa, Peru (cropped photo)
災害・事故・事件
短縮 URL
1 0 0
でフォローする

ペルー地球物理学研究所は、ウビナス火山の噴火を観測した。同火山では活動の活発化がすでに数日に渡り観測されており、数時間のうちに新たな噴火が予想されると、同研究所が発表した。

データでは現地時間6時現在(モスクワ時間14時現在)で、これまでの16時間のうちに、噴火のほかに300回の余震が観測され、降り積もった灰の高さが1.5キロメートルに達した。

火山の15キロメートル以内には近づかないよう警告がされている。

ペルーのウビナス火山の活発化により、2万9700人超がペルー南部に避難したと、すでに国立非常事態センターが発表していた。

ペルー政府は、火山の活発化に対し3つの国家機構で非常事態体制を導入した。

タグ
ペルー, 火山
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント