01:17 2020年07月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 22
でフォローする

7日、本州の中心に位置する浅間山が噴火をはじめた。気象庁が発表した。

7日の22時過ぎ頃、群馬県と長野県の境に位置する浅間山が噴火をはじめ、噴煙が2000メートルに達している。 気象庁は22時15分に、速報で降灰の予報を発表、注意を呼びかけた。降灰が予想されるのは群馬県の長野原町と嬬恋村、長野県の軽井沢町、御代田町。降灰量は少量。

また、日本政府は同日22時過ぎに官邸危機管理センターに情報連絡室を設置した。

浅間山では2009年にごく小規模な噴火があり、2015年にも小規模の噴火が起きていた。

タグ
災害, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント