09:00 2020年01月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

南極に向かう途中に消息を絶ったチリの空軍輸送機の墜落が確認され、生存者の探索が行われている。10日、同国空軍のプレスサービスが発表した。

同機関は、「チリ空軍によれば、輸送機C-130 『Hercules』は通信が不通になった7時間後に墜落が確認された」とツイッターで発表した。

発表によれば、チリ空軍は通信が可能な国内外の航空機および船舶と共同し、事故地域で生存者の探索を続けている。

 チリ空軍の輸送機C-130 『Hercules』からの通信は18時13分(日本時間6時13分)に途絶えていた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント