18:56 2020年03月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィリピン政府はバタンガス州の3つの居住区(人口計8万人超)の避難を開始した。タール火山の噴煙が上空1000メートルに達し、避難措置が取られた。「CNNフィリピン」テレビが伝えている。

報道によると、国家リスク軽減・自然災害準備会議の広報担当が同テレビに語ったところによると、避難はサン・ニコラス(2015年時で人口2万2千人)、バレット(同2万2千)、タリサイ(同4万5千)の3つの居住区で行われているという。

1月12日(日)タール火山の噴煙は上空1000メートルに達した。フィリピン火山学・地震学研究所(Phivolcs)はそれに伴い、火山噴火危険レベルを5段階中3段階まで引き上げた。同研究所は火山周辺地域の住民の避難を勧告していた。

タグ
事件, 火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント