03:49 2021年09月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

日本海側では局地的に非常に激しい雨が降っており、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒が必要だとして島根県や広島県、鳥取県の一部に避難指示が発出された。NHKが伝えている。

前線や湿った空気の影響で、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になっている。

この大雨の影響で島根県内では、松江市、出雲市、大田市、雲南市、飯南町、奥出雲町の2万7996世帯・6万7176人に避難指示が出された

このほか、大雨により土砂災害の被害が出るおそれがあるとして、広島県庄原市では2890人、鳥取県南部町では619人に避難指示が出されている。

また、島根県雲南市付近ではでは1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表された。同市は10時35分、1万3702世帯3万6861人に出されていた避難指示を警戒レベルで最も高いレベル5の「緊急安全確保」に切り替えている

関連ニュース

タグ
日本, 災害
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント