14:19 2021年09月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06
でフォローする

インドのビハール州で、毒蛇を噛んだ男性が死亡した。サイト「Times of India」が報じた。

若いヘビが酒に酔って自宅前に座っていたラマ・マトさん(65)に噛みついた。報道によれば、マトさんは仕返しをしてやろうと思い立ち、このヘビを捕まえて噛みつき、その後、ヘビを藪に向けて投げつけた。

マトさんが嚙みついた時、ヘビは彼の顔に10回以上も噛みついている。

家族は彼に医者に行くよう促したが、マトさんはこんな小さなヘビには毒はないと述べ、医者にはいかずに就寝した。次の日、マトさんは死亡しているのが確認された。

以前、通信社「スプートニク」は、アルコール性アルツハイマーの7つの兆候について紹介している。過度または慢性的なアルコール摂取が原因の認知症は40歳から50歳代の人たちに影響を与えている。

関連ニュース

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント