09:04 2021年09月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

米ユタ州ウェストバレーシティにある個人経営の動物園で14日、同園の女性職員が子どもたちの目の前でアリゲーターに襲われ、水中に引きずり込まれた。TVチャンネルKCPQが報じた。

動物園のガイドツアーで大人と子どものグループを案内していた女性職員が、アリゲーターに襲われた。このグループは、1人の子どもの誕生日を祝うために動物園を訪れていた。

アリゲーターに餌を与えようとして女性職員が飼育場の扉を開けたとき、突然アリゲーターに襲われた。女性職員はアリゲーターを押しのけようとしたが、腕を噛まれた。女性職員は腕を抜こうとしたが、水中に引きずり込まれた。

女性職員を救うために来園者のドニー・ワイズマンさんとトッド・クリストファーさんが飼育場の中に入り、1人がアリゲーターの背中に乗って抑え込み、もう1人が女性職員の腕を抜くためにアリゲーターの口をこじ開けようとした。最終的に、女性職員は助かった。

また、動物園を訪れていた元看護師の女性も、医者が来るまでの応急処置を施した。

動物園は「これらの動物の扱いには、私たちがスタッフとして負っている特定のリスクを伴います。私たちは来園者の英雄的行為に感謝いたします」と発表した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント