14:56 2021年09月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31
でフォローする

米国内線ニューオリンズ⁻シアトル便の着陸時、乗客の持っていたサムスン電子(Samsung)のスマートフォンが発火する事件があった。「シアトル・タイムズ」が報じている。

目撃者の話によると、アラスカ航空751便のシアトル空港への着陸時、機内に煙が蔓延。乗員側は着陸を完了し、脱出スライドで乗客を緊急避難させる判断を下した。この騒ぎによるケガ人はなし。発煙も他の便の遅延・運休などには影響しなかったという。

乗客によると、発煙と緊急避難の原因はサムスン電子製スマートフォンGalaxy A21の発火。端末内のバッテリー劣化によるものとみられている。発火の被害を最小限に抑えるため、客室乗務員は消火器と専用耐火バッグを使用し、救急隊に支援を求めた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント