00:55 2021年10月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィリピンのルソン島とミンドロ島の間にあるベルデ島水路で27日、マグニチュード5.6の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・ サヤン支部と米地質調査所(USGS)が発表した。

地震は日本時間27日午前8時12分に観測された。震源地はタール市の西32キロにあるルソン島の海岸付近、タール湖の南西数キロの地点。 

​震源地の集中的な揺れから地震の規模は「激しい」と推定されている。

なお、USGSは地震の規模をマグニチュード5.7と推定している。また、震源の深さは98.4キロだった。

​関連ニュース

タグ
フィリピン, 地震
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント