22:50 2018年07月21日
ブラッターFIFA会長

日本サッカー協会、フセイン王子の集票はFIFAへの批判票

© AFP 2018 / FABRICE COFFRINI
日本
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 32

FIFA会長選でヨルダンのアリ・ビン・アル・フセイン王子の集めた票はFIFAの組織への批判として投じられたもの。日本サッカー協会の大仁邦弥(だいに・くにや)会長の声明を共同通信が報じた。

大仁会長は、FIFA会長選挙は様々な面で世界のサッカーに反映されてきたとし、新会長が世界の、アジア、日本のサッカーにどういう影響を及ぼすかという観点から自分は決定を採ったと語った。またフセイン王子の集票については、主にFIFAへの批判として投じられたものとコメントしている。大仁会長は選挙前に自分はブラッター会長を支持すると語っていた。

田嶋幸三 副会長も、第1回目の投票後、辞退したフセイン王子の行為は正しかったとし、60票の差では勝利のチャンスはなく、第2選ではその差はさらに開いたはずとコメントしている。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)

関連:

マケイン氏、FIFAに対する軍事作戦の開始を呼びかけ
FIFAの一件、米国家安全保障局スキャンダルから注意を逸らす
FIFA会長選 ブラッター氏が5期目の再選を果たす
チューリッヒ警察:FIFA議会、爆破の恐れがある
タグ
日本関連, FIFA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント