11:22 2019年06月20日
三菱

三菱マテリアル 元捕虜への謝罪を続ける

© Flickr/ viZZZual.com
日本
短縮 URL
151

三菱マテリアルの社外取締役の岡本行夫氏は、第二次世界大戦中に同社の前身である三菱鉱業が強制労働させた英国、オランダ、オーストラリアの元捕虜たちに、同社が謝罪する意向であることを伝えた。AP通信が伝えた。

岡本氏は先に、米国の元捕虜たちに謝罪している。

岡本氏はまた、中国の元捕虜たちに謝罪する問題も解決することに期待を表した。

 

 

関連:

三菱、ロシアで危機に立ち向かう
三菱自動車カルーガ工場、オフロードカー生産の一時停止から再開
三菱ふそうトラック・バス ロシアでの組み立て生産中止
三菱自動車には自動車市場の危機に対処できるものがある
タグ
三菱, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント