10:57 2018年10月18日
福島第1原発事故後に自殺した102歳の男性の遺族 東電に6000万円の損害賠償を求める

福島第1原発事故後に自殺した102歳の男性の遺族 東電に6000万円の損害賠償を求める

© Flickr/ Patrick Feller
日本
短縮 URL
0 53

福島第1原子力発電所の事故が原因で102歳で自殺した大久保 文雄さんの遺族が、東京電力に対して6000万円の賠償を求める訴えを起こした。

大久保さんは、福島第1原発から約40キロの福島県飯舘村で暮らしていた。大久保さんは2011年4月、日本政府が飯館村の全地域を計画的避難区域に指定する方針であることを知った後、自宅で首をつって自殺した。

共同通信によると、大久保さんは自殺する前日、大久保さんの息子の妻の美江子さんに、「避難したくない。ちょっと長生きしすぎたな」と漏らしたという。

NHKによると、美江子さんは「102歳まで生きた人がみずから命を絶つことの重みや残された家族の苦しみを分かってほしい。法廷で思いを訴えたい」と話しているという。

タグ
原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント