08:10 2020年10月26日
日本
短縮 URL
1121
でフォローする

放射性廃棄物保管庫の建設に反対する大規模集会が土曜、栃木県の塩谷町で行われた。TBSが報じた。

雨天にもかかわらず、2011年の大津波により福島第一原発で出た汚染ゴミから自然を守るため、約2700人が集まった。

「全会一致で反対!」等と書かれたプラカードを掲げた高原山山麓の町民らがデモ行進を行い、保管庫建設反対の請願書に署名を集めた。

集まった人の拍手の中で組織者のワキ・ススム氏は、「地域の豊かな自然を守るために」当局の決定を覆さなければならない、と語った。環境省は7月下旬、保管庫建設地に塩谷町を選んだ。それ以来、地元の人々による継続的な抗議が行われている。

共同通信によると、栃木県では現在、放射性廃棄物の臨時保管庫が170箇所ある。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント