01:48 2019年06月25日
日本 マイナンバー改正法成立

日本 マイナンバー改正法成立

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
3127

木曜日、日本の議会は、国内にいわゆる国民総背番号制を導入する法案を承認した。このシステムは、税金の計算から非常事態における対応まで、様々な目的に今後用いられる。日本政府の公式サイトが伝えた。

公式的には、社会保障・税務会計番号と呼ばれるが、政府は「マイナンバー」を簡略性や利便性向上のために使用するよう提案している。この新しいシステムは、恐らく世界で最も大規模なものとなるだろう。

伝統的に、個人のプライバシーが大きな意味を持ってきた日本において、このシステムが導入されることは、極めて本質的変化と言うべきものだ。

日本政府は、2016年から「マイナンバー」を税金の計算、社会保障関連費用の支払い管理に運用したいと考えている。それにより、パスポートや、医療保険証、予防接種の記録などの文書も変わる。そして2017年から日本人は「マイナンバー」とIDカードを使用する事になる。このシステムは、移転の際、銀行あるいは会社、数々の公共サービスへ、新しいアドレスを同時に送るのに便利だ。

専門家達は、日本で税率が高い理由の一つは、徴税率の低さだと主張している。安倍首相は、徴税を強化すれば、基本税率を低くできるとし、それを経済改革の重要な方向性の一つとみなしている。政府は「マイナンバー」導入により、年に2400億円、税収が増えると見込んでいる。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント