12:42 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    性的マイノリティ、同性結婚

    日本で「パートナーシップ証明書」第1号が交付される

    © Flickr/ Andrea Parrish
    日本
    短縮 URL
    223834

    5日、東京都渋谷区は、同性カップルを結婚に相当する関係と認める「パートナーシップ証明書」の発行を開始した。このような制度は日本で初めて。

    第1号となる証明書を受け取ったのは、東小雪さんと増原裕子さん。なお渋谷区によると、5日に交付を受けたのは1組だけで、今のところ他のカップルからの申請はないという。

    東さんと増原さんは、LGBT(性的少数者)活動家として日本で良く知られている。日本では同性婚が法的に認められていないが、渋谷区が交付を開始した「パートナーシップ証明書」は、渋谷区内における病院での面会や、住居の賃貸契約などの場面で効力を発揮するという。同性カップルは、住居の賃貸契約を不動産業者から断られたり、病院でも家族ではないとして面会を断られるケースがある。しかし「パートナーシップ証明書」があれば、多くの問題が解決される。パートナーシップ制度に違反した場合、事業者名が公表されるという。

    なお「パートナーシップ証明書」は、婚姻に関する証明書とは違い、法的拘束力はない。

    関連:

    アイルランド 同性婚合法化
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント