02:02 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 13°C
    煙草の吸殻で6万人が会社に遅刻、日比谷線

    煙草の吸殻で6万人が会社に遅刻、日比谷線

    © Sputnik/ Artur Alexandrov
    日本
    短縮 URL
    6288915

    26日、東京の日比谷線が全線で運転見合わせとなった原因は1本のタバコの吸殻だった可能性が高い。警察はこうした見方を示している。

    今日、ラッシュアワーに日比谷線の銀座駅で煙が充満したため、全線で運行が一時停止された。この結果、6万8千人の足に影響が出た。

    運行は、停止後2時間で回復。警察の検証の結果、通風穴に置かれた煙草の吸殻が発煙の原因になったとの見られている。吸殻が通風穴にあったホコリに引火し、その後、パイプ内のゴム部分が燃えた模様。警視庁は故意の犯行ではなかったとの見方を示している。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント