10:08 2019年07月16日
伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画

伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画

© AFP 2019 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
5815

日本の左翼過激派勢力は、今年5月行われる主要7カ国首脳会議、伊勢志摩サミットの際、テロを計画している。サミットには、英国、イタリア、カナダ、米国、フランス、ドイツそして日本の各国首脳が一堂に会する。5日、共同通信が、警察当局の情報をもとに伝えた。

特に、日本の主要な左翼過激派組織の一つ革労協(革命的労働者協会)は、機関紙の最新号の中で、今年の主な課題として「サミット粉砕」の必要性を挙げている。警察当局は、こうした脅迫行為を真剣に受け止めており、所謂「革命軍」とよばれる革労協の不法な武装集団が、その目的を遂行するため全力を尽くすものと警戒している。

最近では昨年4月「革命軍」は、神奈川県にある米軍座間キャンプに向け手製のロケット(飛翔弾)を発射した。また「革命軍」のメンバーは、東京の横田基地近くで起きた爆発事件についても、犯行声明を出している。なおこれら2つの事件では、負傷者は出ていない。

日本の警察当局は、伊勢志摩サミットの際、過激派は、米軍基地あるいは自衛隊の施設への攻撃を計画する可能性があると見ている。

タグ
G7, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント