10:48 2018年09月26日
東芝、35億ドル超で医療事業を売却する可能性あり

東芝、35億ドル超で医療事業を売却する可能性あり

© Flickr/ Adrian
日本
短縮 URL
107

東芝は医療事業の全面売却を計画している。ロイターが伝えた。

消息筋によれば、同部門の時価総額は4~5000億円(35~44億ドル)。また別の消息筋によれば、成長の見込みの高い医療部門への需要が高いため、売却額は6500億円(57.5億ドル)に達する可能性もあるという。

売却は同社の財政強化の決め手となる。東芝は6年間にわたり収益データを過大に報告して銀行から融資を得ていたことが発覚し、スキャンダルを起こした。ミスが発覚したのち2014~15年度の財務報告書の公表は度々延期され、最終的に2015年9月7日に発表されたが、それによれば、業績は378億円の純損失だった。なお、前年の純益は602億円となっていた。

関連:

タタルスタンと東芝 協力拡大の意向
日本経産省高官「企業はロシアの先進発展地域の状況を慎重に見守っている」
三井および経団連代表、ロシアの経済ポテンシャルを評価
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント