00:14 2020年12月01日
日本
短縮 URL
29153
でフォローする

5年前の今日、3月11日、日本で過去20年で最大の原子力災害が起きた。これにより避難を余儀なくされた人の数は16万人を超える。福島原発事故後の状況を撮影したドキュメンタリー映画監督のジェフリー・ジョナサン氏はRTテレビからの取材に答えた中で、日本政府は地元の女性たちに対し、「何も起こらなかった」と信じ込ませようとしていると語っている。

ジェフリー・ジョナサン氏は1990年から日本在住。ドキュメンタリー映画監督で主な作品には「福島の女たち」がある。

ジョナサン氏は「福島の悲劇で亡くなった人の数には言葉を失う。それに福島の状況も未だに危機的で市民は自宅に戻ることもできず、農民は作業を続けることができない。なぜなら誰も福島の生産物を買おうとしないからだ」と語る。

放射能による犠牲者の数は依然として確定されておらず、福島周辺の住民の10%が未だに仮設住宅暮らしを迫られている。

「今、市民はだんだんと元の暮らしを離れ始め、地元共同体もだんだんと縮小しつつある。福島周辺では場所によっては全く人気がなく、生産も学校も全く機能していない。」

タグ
福島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント