20:41 2018年09月26日
ステルス戦闘機

日本 初の国産ステルス戦闘機の飛行テスト実施

© AFP 2018 / Toshifumi Kitamura
日本
短縮 URL
21612

日本初の国産ステルス戦闘機の初めての飛行テストが、成功裏に実施された。共同通信が伝えた。

そうりゅう型潜水艦
© REUTERS / Japan Maritime Self-Defense Force/Handout via Reuters/Files
テスト機は、愛知県を飛び立ち、岐阜県の自衛隊基地に着陸した。一連のテスト飛行後、防衛省は同機を注文し、現在航空自衛隊で使用中のF2戦闘機に代え、その後継機とする。

国産初のステルス戦闘機の開発は、2009年に始まり、ほぼ394億円が投じられた。その設計製造には、三菱重工業を筆頭に、200を越える企業が参加し、最先端の技術が使われ、エアロダイナミクスの開発が進められた。新型機の全長は14,2m、高さは4,5m、幅は9,1mである。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント