10:29 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    自衛隊

    安保関連法は憲法違反だとして約700人が集団提訴

    © AFP 2016/ Frederic J. Brown
    日本
    短縮 URL
    51028356

    東京の住民500人以上と福島県いわきの住民200人が、ほぼひと月前に効力を発した安保関連法の合憲性に異を唱え、日本政府に対し集団訴訟を起こした。この法律は、自衛隊が国外での作戦に参加するのを可能にするものだ。

    NHKによれば、東京地裁に訴えを起こした人々の中には、新しい法律は日本国憲法第9条に反するとみなす法律家や弁護士、元裁判官なども含まれている。

    NHKの報道によれば、大阪、広島、長崎など全国で1500人以上が、同様の訴訟を地元の裁判所に起こす用意をしている。

    原告達は、安保関連法の廃止ばかりでなく、精神的な被害を受けたとして1人10万円以下の補償も要求している。

    タグ
    自衛隊, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      なんか哀れですね、その出自、おいたち、イエズス会との繋がりだけで
      地位と財を約束されている日本にいる、特殊な支配層は、戦争をして金儲けをするという経験を親の代から知っている。
      そのために、あらゆる危機を、あえて演出するが、ある程度ガラス張りで演技をしていると見えてしまうと、・・・
    新しいコメントを読む (0)