15:59 2020年04月06日
日本
短縮 URL
集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案 (34)
0 102
でフォローする

100人を超す被爆者が9日、家族に同伴され長崎地方裁判所に出向き、集団安全保障に関する新法によって精神的な損害を受けたとして国を相手取る集団訴訟を起こした。

新華社通信と人民日報が報じた。

日本でこうした訴えが行われたのは初めて。訴状には、新法が自衛隊員に対して海外での武力行使を許しているのは違憲であり、日本人の平和で暮らす権利を剥奪していると書かれ、長崎の原爆投下で苦しんだ人々が再び核攻撃の脅威に直面していることがどれだけの心の苦しみを味わっているかは表現しがたいと訴えられている。

訴状には、精神的な損傷を受けたことへの賠償金として、国に対し、被爆者のそれぞれにおよそ10万円の支払い要求が掲げられている。

トピック
集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案 (34)
タグ
歴史, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント