14:18 2017年03月26日
東京+ 6°C
モスクワ-3°C
    山口県 カセイソーダを積んだタンカーが浸水

    山口県 カセイソーダを積んだタンカーが浸水(動画)

    © 写真: M-louis .®
    日本
    短縮 URL
    11518011

    山口県周南市の徳山下松港で、カセイソーダを積んだタンカーが浸水。沈没の恐れがある。NHKが伝えた。

    タンカー「洋和丸」は「カセイソーダ」400トンを積んでいるという。

    徳山海上保安部によれば、船が傾いているので、沈没の恐れもある。

    乗組員4人はすでに避難した。

    カセイ(苛性)ソーダとは、ナトリウムの水酸化物で、強塩基として広汎かつ大規模に用いられ、工業的に非常に重要な基礎化学品の1つだが、劇物である。

    先に伝えられたところによると、今年4月、熊本県を襲った大地震による損害額が3兆7千億円に上った。

    関連:

    中国 日本に「火遊び」をしないよう呼びかける
    IMF:日本の賃金は低すぎる
    日本人政治活動家 「クリミアには日本が学ばねばならぬところがある」
    タグ
    事故, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      豊岳正彦
      徳山のフグ料理ハモ料理は日本一であり、徳山湾笠戸島のヒラメもまた然り。

      そして徳山港は軍港としても世界一の軍艦港湾整備技術を誇っていた。

      徳山港内の浸水タンカーを浮揚させてタグボートで接岸させ積み荷を抜き取り苛性ソーダの湾内流出を防ぐことなど簡単なはずである。

      もし災害予防技術があるのにやらなければ、それは明らかに意図的に引き起こされた人災犯罪となるであろう。
    新しいコメントを読む (0)