10:38 2020年08月11日
日本
短縮 URL
0 41
でフォローする

5日、福島第1原発では原子炉1号基のタービン建屋に溜まった500トンの放射性汚水の抜き取り作業を開始した。東京電力が発表した。

東京電力によれば、汚水は特殊な処理室に汲み上げられ、浄化される。この作業は年内には完了する計画。これまで東京電力は原子炉の地下部分の建屋とタービン建屋内にはあわせて6万8千トンの高度の汚水が残されていることを明らかにしていた。

福島第1原発の汚水、汚染地下水漏れ対策では主要な柱のひとつとしてこれが流れ出す土壌を凍結する方法がとられている。計画では地下層の凍結作業は来月11月末には完了する。

先に伝えられたところでは、福島第一原発の汚染水のレベルが、集中豪雨により、危険な数値まで上昇した

関連:

「闇をめぐる旅」第二部、福島第一原発 【動画・画像】
福島第一原発の汚染水レベル 危険な数値まで上昇
福島第1原発2号機で燃料デブリが初めて確認される
タグ
福島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント