21:53 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    運転40年超の美浜3号機 運転延長を認可

    運転40年超の美浜3号機 運転延長を認可

    © Flickr/ Ayumu Kawazoe
    日本
    短縮 URL
    2159210

    原子力規制委員会は16日、定例会合を開き、運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県)の運転延長を認可した。老朽原発の運転延長は関電高浜1、2号機に続き2例目となる。

    東京電力福島第1原発事故を教訓に原発の運転期間を「原則40年」と定めたルールは骨抜きにされ、運転延長が定着しつつある。

    関電は今後、約1650億円を投じて、全長約千キロの電気ケーブルを防火シートで包んだり、重大事故時の拠点となる「緊急時対策所」を設置したりする安全対策工事を行う予定。完了は2020年春ごろとしており、再稼働はそれ以降になる見通し。

    原子炉等規制法は原発の運転期間を原則40年に制限しているが、規制委が認めれば最長20年延長できる。美浜3号機は、運転開始から40年となる11月末までに延長の認可を受けなければ、廃炉となる可能性があった。

    関連:

    福島第1、建屋カバー解体終了
    中国 初の水上原子力発電所の建設を開始
    タグ
    原発, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント