05:34 2020年09月24日
日本
短縮 URL
228
でフォローする

沖縄県の普天間基地の騒音により健康を害したとして付近住民が国を相手取って100億円の損害賠償と騒音差し止めを求めて沖縄地に起こしていた訴訟は17日、住民側の訴えを聞き入られ、国に対する24億5800万円の賠償が命じられた。

藤倉裁判長は「国は被害を漫然と放置している」と長年にわたる実態の深刻さを認めたものの、裁判では騒音差し止めにあたる飛行禁止の請求は「国は米軍機の運航は規制できる立場にない」として退けられたため、住民側はこれを不服として控訴する方針を固めている。

判決に対して菅官房長官は国の主張への十分な理解が得られなかったとして、関係省庁で適切な対応を行なう構えを明らかにした。

関連:

日本政府 普天間基地移設完了遅延の可能性に関連し米国に抗議
一騎打ち宜野湾市長選、普天間基地の呪縛から市民を救えるか
タグ
日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント